10月下旬に友人達と北東北旅行に行ってきまして、
その際に岩手県北バスの営業所を見学してきました。

岩手200か2048
岩手200か2048 日野+日野 KL-HR1JNEE 元都営
一戸営業所伊保内支所にて ☆許可を得て撮影

岩手200か2053

岩手200か2053
岩手200か2053 日野+日野 KL-HR1JNEE 元都営
一戸営業所にて ☆許可を得て撮影

元都営日野HRを捕獲しました。
ざっと見た感じ、改造点は
・側面方向幕の中扉直後への移設
・車内座席モケット及び2人掛け座席中心のレイアウトへの変更
・バスロケアンテナ撤去(盛岡市内非乗り入れのため)

今度は運用中の車輌を撮影&乗車してみたいですね。

B-T252@都01

| コメント(0) | トラックバック(0)

2015年5月1日 [都01]にBRCハイブリッドであるB-T252号車が充当された。
B-T252.jpg
B-T252 BJG-HU8JLFP 日野+J-BUS(小松) 六本木駅にて

Y-H225@橋86

| コメント(0) | トラックバック(0)

Y-H225_160103.jpg
2016年1月3日 橋86にY-H225号車が充当。
御成門交差点で東京タワーを背景に1枚。

11月28日は目黒不動尊の縁日でした。
東急バスの不動線[渋72]は分断運行が行われているのですが、今日見たそれは行先表示が今までとなんだか違う。
M1408_D1.jpg
M1408号車 SKG-KR290J1 J-BUS/いすゞ+J-BUS/宇都宮
めちゃくちゃ詰め込まれているし、「林試の森入口」が非常に目立ってるんですけど。

行き先部分の拡大。
M1408_D1A.jpg
ものすごく、詰め込みすぎです。

品川線[渋41]の大崎駅西口バスターミナル乗入に関連して、ROM更新でも行ったのでしょうか。
※東急バス品川線乗り入れに関するソースは、品川区報11/21日号5ページより。
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000065600/kouhou20151121.pdf
大崎駅西口バスターミナルについては、以下ページにも情報が掲載されています。
http://www.ohsaki-area.or.jp/bus_terminal/
これはちょっと注目してみたいところ。
ということで、東急ネタが続いた今日この頃でした。

150826_1.jpg
等々力操車場と梅ヶ丘駅を結ぶ東急バス[等13]。
世田谷区の南北方向の移動利便性の向上を計るための認証実験として2015年8月3日から2016年1月29日までの平日のみ運行される全長約6.5km路線。
[等11]等々力操車場-祖師ヶ谷大蔵駅と[渋82]渋谷駅-等々力と重複する区間もあるが、
設定運行時間から鑑みるに南北方向の移動便利性の他に、小田急線沿線から世田谷区役所へのアクセス向上という目的もあるように見受けられる。

8月某日、15時59分。等々力操車場停留所。
150826_2.jpg
停留所の表側には、[等13]の記載が無いが・・・
150826_3.jpg
裏側に書いてあった。
記載スペースに限りがあるから致し方ない部分もあるが、その中で複数路線の情報提供方法は各社悩ませる部分だろう。

150826_4.jpg
最終便発車時刻直前に、操車場からバスがやってきた。

150826_5.jpg
ここから乗車したのは自分のみ。
バスは等々力操車場停留所を出発し、等々力駅前交差点を右折して等々力停留所に到着、一気に乗客が10名ほど乗車してきた。
この先駒沢まで[渋82]と、さらにその先の世田谷駅前までは[等11]と経路が重複するため、それらの路線の補完的な役割として使われているのだろう。また見慣れない系統・行先故に目的の停留所に訪ねる乗客も見受けられた。

150826_6.jpg
玉川警察署、園芸高校前、深沢坂上と各停留所に停車しては乗客の乗降があり、深沢4丁目停留所でも乗務員に経由地を尋ねる乗客。
この辺りでは路線バスが生活の一部として組み込まれているのだろうか。

150826_7.jpg
深沢4丁目で、東急コーチを見かける。

深沢4丁目停留所から先は、駒沢公園通りを北上していく。
150826_8.jpg
右手に駒沢公園をのぞみ、[等13]とすれ違う。

150826_9.jpg
前方にに首都高3号渋谷線が見えてくると駒沢である。
駒沢交差点をこの路線は交差点を直進し、さらに北上する。なおここまで平行してきた[渋82]は国道246号線へ右折して渋谷駅へと向かう。
向天神橋停留所で親子連れ3名が乗車、どうやらこの路線を知っており、利用し慣れている雰囲気がした。

150826_10.jpg
弦巻1丁目交差点を過ぎると、バス同士のすれ違いがやっとという道幅へ。ここで等々力操車場行の[等13]とすれ違った。

前方に世田谷通りが見えてきた。[等11]は左折して祖師ヶ谷大蔵駅方面へと向かうが、[等13]は世田谷駅前交差点を直進。
東急世田谷線の世田谷駅前の踏切を渡って拡幅工事が完成したばかり区間を走り、世田谷三丁目交差点を右折する。
150826_11.jpg

150826_12.jpg

150826_13.jpg
この世田谷駅前交差点から世田谷三丁目交差点までの区間は、都市計画道路補助第154号線の工事区間で平成27年3月14日に完成。以前は暫定的なのか道幅の狭い生活道路であったが、歩道付きの片側一車線の道路へと変貌を遂げた。
都市計画道路補助第154号線の完成が、[等13]の運行開始のきっかけでもある。
なお東急世田谷線世田谷駅も、この拡幅工事にあわせて三軒茶屋方面に数m移設された。

150826_14.jpg
世田谷三丁目交差点を右折したバスは坂道を上り、世田谷税務署前交差点を左折して世田谷区民会館に到着、ここで4名が下車。うち3名は等々力から乗車してきた用務客だった。
150826_15.jpg

僅かばかりの乗客となったバスはすぐに発車、
150826_16.jpg
世田谷区役所前交差点を左折し坂道を下る。

150826_17.jpg
世田谷区役所西交差点を右折、

150826_18.jpg
再び都市計画道路補助第154号線を北上。
程なくこの路線単独停留所である国士舘大学前停留所に到着。

150826_19.jpg
国士舘大学前停留所では向天神橋停留所で乗車した親子連れが下車。
新規運行区間での乗降がある事は、この[等13]がある程度認知されている証拠だろう。

国士舘大学前停留所の次は終点の梅ヶ丘駅。
150826_20.jpg

150826_21.jpg
梅ヶ丘駅までの距離は約800m、住宅街を走る路線バスの停留所間距離としては長い方だが途中停留所は設定されていない。
大人の事情を垣間見た感じだった。

150826_22.jpg
小田急線の高架下を抜け赤堤通りへと右折、梅丘駅北口前交差点を右折すると終点の梅ヶ丘駅。
小田急バスの降車停留所を間借りした等々力操車場行きのバス乗り場には、折り返し便を待つ乗客が10名弱並んでいた。

150826_23.jpg
平日の日中かつ運行間隔も約40分に1本という路線ではあるが、正直運行開始から数週間でここまで認識されていることに驚きを隠せないでいた。

そして待っていた乗客を乗せた[等13]は、等々力操車場へ発車していった。
150826_25.jpg

ちなみに[等13]の梅ヶ丘駅停留所と梅ヶ丘駅との距離はこんな感じです。
150826_26.jpg

--------------------------------------
東急バス版のタテバス。
意外とありそうでなかった区間を結ぶ[等13]、途中経由地を考えると今まで別経路で設定が無かった事が不思議なぐらいである。
世田谷区役所のプレスリリースによれば、実験運行終了後、「平成28年度検証結果を基にバス事業者と本格運行に向けた協議」とあるが、根付き始めている路線、休止期間を設けずに、土休日も運行を視野に入れた本格運行を期待したいところである。

※東急バス・東急トランセでは乗務員を「サービスクルー」「サービスプロバイダー」と称していますが、本文中では乗務員に統一させていただきました。

B-L662@都01

| コメント(0) | トラックバック(0)

B-L662_1.jpg
B-L662 KL-MP37JM 三菱+MFBM 渋谷駅にて
ハロウィンで渋谷駅周辺の道路は麻痺状態。都営バスをはじめ、各路線バスのダイヤにも影響。
そのため、普段は[RH01]専用車であるB-L660番代車が[都01]に充当されるという事態に。

ライオンズエクスプレス西鉄高速バス担当の上り池袋到着便は見事に撮れなかったので、下り最終便を狙ってみることに、 色々調べたら、どうやら2台での運行のようで・・・。

18時26分、1号車が池袋駅東口に到着。
NNR_8545_KOUSOKU.jpg
西鉄高速バス8545号車 LKG-RU1ESBA 池袋駅東口にて
到着するや否や、バスファンが待ってましたとばかりに撮影。

1号車の出発から遅れること約5分、2号車が池袋駅東口に到着し、客扱いが終わるとバスは一路福岡天神へ向けて出発。
NNR_8546_KOUSOKU_D7.jpg
西鉄高速バス8546号車 LKG-RU1ESBA 池袋駅東口にて

結局、私はライオンズエクスプレスは乗れずじまいでした・・・。

終点まで、どうぞご安全に...。

小雨降る中、少し早めに池袋駅東口に到着。
色々撮影しながら70分待っても現れないと思ったら、どうやら15分早着してたそうで...。

その中から数枚。
E-K472_D2.jpg
都営バス小滝橋営業所 E-K472 KL-LV280L1 いすゞ+いすゞ 池袋駅東口にて
4月に大塚から小滝橋に移管された[都02乙]。小滝橋車が毎日池袋に来るようになったのに、未だにその実感が湧かない件。

SB1294_K_D1.jpg
西武高原バス1294号車 KL-RA552RBN 日産ディ+富士重工 池袋駅東口にて

SB_1828_K_D1.jpg
西武高原バス1828号車 KC-RA531RBN 日産ディ+富士重工 池袋駅東口にて

なんと軽井沢線2台運行のラインナップが、西武高原バスの1Mと1S。
これが撮れたからヨシとして、18:30にリベンジすることに。

中日臨海バスのMP38

| コメント(0) | トラックバック(0)

CKB_S230I7004_D2.jpg
中日臨海バス 品川230い7004
QKG-MP38FKF 三菱+MFBM 都営品川営業所付近にて
品川駅港南口-ワールドシティタワーズ間のマンション住民専用シャトルバスに使われていると思われる中日臨海バス。
窓廻りを黒く塗り、窓枠の段差を違和感なく仕上げたデザインが良い感じである。

このシャトルバス、以前は日野HRが専用車として運行されていたがMP38が導入されたと言うことは、
別貸切送迎にコンバートされたか、それとも売却されたか気になる点である。

Y-R538@反90

| コメント(0) | トラックバック(0)

2015年3月末で廃止される都営バス反90系統。
いつもは中型系ノンステップバスで運行されることが多い中、
2015年3月21日の午前はR代大型車されました。
20150321_Y-R538.jpg

20150321_Y-R538_2.jpg
Y-R538号車 PKG-KV234L2 J- BUS+J-BUS/日野ブランド 三田駅付近にて