MUSICの最近の記事

11月24日 赤坂ACTシアター
中島みゆき 夜会 vol.17 2/2

中島みゆき『夜会』
それはコンサートでもない、かといってミュージカルとも言い難い、なんとも形容しがたい音楽劇。
上演中、演目にもよるが台詞らしい台詞は非常に少ない。
「歌詞」が台詞のような物だが、ミュージカルと違い「歌詞」と「楽曲」に合わせて芝居をする。それが「夜会」

19:30過ぎに地下鉄赤坂駅で友人と待ち合わせて、会場の赤坂ACTシアターへ。
いつも思うが、隣に赤坂BLITZがあるのにかかわらず、総座席数1,324席、そして広々とした舞台空間が収まっているのか気になってしまう。

俺自身、夜会を見るのは今回で3回目。
座席は2階。チケットが届いたときにS席で2階ねぇと思っていたが、色々と調べてみるとACTシアターの2階席は割と芝居を見やすいというではないですか。
実際に座ってみると、座席間の段差を大きく確保しているので、前に座っている人の頭が気にならないですね。でも舞台は上から俯瞰する感じ。
それより、オケピット丸見え。コレはコレでありかな。
また、ACTシアターは舞台上の些細な音でも客席への反響が非常に良く、たとえば扉を閉めるシーンでも扉の金具の閉まる音や、小道具を床に投げると、床にぶつかった音が客席まで鮮明に聞こえるぐらい。もちろんオケピットからの音も非常に良く響き渡る。そんな音の反響がよいのに緞帳やせり上がり舞台の動作音は一切客席へは聞こえてこないのが凄い。

周りを見回すとチケット代金が2万円ということ関係してるのかわからないけれど、お客様の年齢層は割と高め。コンサートが30代?40代が多いのに対して、夜会は40?60代のお客様が多いこと。らくらくホンをあちこちで見かけるのなんの。

上演開始は20:00。5分前に1ベルが鳴るがアナウンスがサプライズ。
今回の演目は再ゝ演となる2/2。
初演は1995年、夜会vol.7 再演は1997年、夜会vol.9ということで、vol.9から実に14年ぶりの上演だが、基本的なストーリーは変わっていないが使用楽曲や演出が変わっており、今回のために書き下ろした曲もいくつかある。

第1幕65分、休憩を挟んで第2幕+第3幕の65分。上演終了時刻は22時30分。
演劇としては異例の遅さだが、渋谷時代の夜会に戻ったといえばそれまでとも。

1幕あたり65分。舞台演出しかり、タイミングしかり緻密に計算し尽くされた非常に濃い時間で、観客を舞台へと引き込む力は凄かった。
ストーリーはネタバレになるので書かないけれど、全体を通じてシナリオを加筆修正、そして演出が色々と変わってます。

1幕最後の『帰郷群』と2幕の『幸せになりなさい』の力強さには圧巻。
パンフレットには「みゆきの歌に手が届く」と書いてあるが、まさにその言葉通りでした。

土曜日。
今週も高速バスに乗ってお出かけ、
ちょっくら映画を見に行くという目的で。

・・・去年も同じような出来事があったような気がするなぁww


最初は、河口湖まで高速バスで。
トイレ無し便を予約したら・・・。
FJ_2238_D1.jpg
富士急行バス 2238号車 KL-RU1FSEA 日野+日野 新宿駅西口にて

セレガRの中二階だよ。
俺、GJなんて初めて乗ったよ。
この車両、後部3列がサロン仕様になるので、9番?11番がシートピッチ拡大仕様でした。
ちなみに3号車は三菱エアロの中二階でした。

ところでこの続行車、ガイドが乗車していないワンマン運行なので、網棚に変なものがぶら下がってっていました。

FJ_2238_in1.jpg
降車釦。 降車停留所が近づきましたら、ボタンを押してお知らせください。

頑丈なワイヤーで止めてあるので、もっぱら続行専用車で貸切運用には入らなさそうな雰囲気。

約1時間50分で河口湖駅到着。
河口湖駅からは、富士急行電車で富士吉田駅へ。
河口湖駅?富士急ハイランドが未乗車だったんですよ。

富士吉田駅からは甲府駅行きの富士急バスに乗車。
...気づいたら、峠越え付近ではがっつり寝てました。

途中、渋滞にはまりながらも映画館最寄りの甲府警察署前で下車して、映画館に向かいましたとさ。

観劇ログ?夏への扉?

| コメント(0) | トラックバック(0)

三連休最終日。
こちらの方に勧められて、観劇してきました。

演劇集団キャラメルボックス 2011年春公演『夏への扉』

ハインライン原作のSF小説を世界初の舞台化とのことですが、
実は原作は読んだこと無かったりして(汗)

ということで、ル・テアトル銀座。
当日券狙いで行ったら...危うく札止めになるところでした。

ホテル西洋銀座の中にある劇場は、総客席数754席。
規模としては中くらいの大きさだが、客席に入ると意外とこぢんまり。
よく行く西鉄ホールと比べると横幅が狭いからそう感じるのかな。

今回は実質的最後方通路側での観劇。
ステージがよく見渡せるけど、舞台上で演じられている方々の顔の表情が。
そして座席の座り心地が悪い...。
客の入りは95%程度、ほぼ満席と言っても差し支えない。

前説明の後に上演開始。

ネタバレにならない程度に感想。
・複雑な内容を2時間でまとめ上げた脚本が凄い。
・ねこ!!!!!!!!!
・「ピート」の役割が非常に重要。
 ストーリーが複雑だから、観客に分かりやすく事情を説明したりする、
 ナレーターとしての役目。
・後半の怒濤の伏線回収は凄い。
・キャラメルボックスさんのお約束と言えるダンスシーンには圧倒。
・使っている曲のセンスがいい。
・小ネタwwwww



キャラメルボックスさんの舞台は、上川隆也さんが在籍していた頃から、一度見てみたいと思ってたんですが、なかなか機会が訪れずに今までに到ってました。

古くは『ハックルベリーにさよならを』『さよならノーチラス』
最近では『容疑者Xの献身』は見たかったなぁ。

異色だったのは東北新幹線を貸し切って、新幹線全車両を舞台に見立てて上演したこともありましたね。
(流石にあの公演のお値段は異常に高かったような)

なので三連休に東京で公演があることを教えて頂いたmckenさんには感謝です。

今年は5月まで月1で観劇の予定。
来月は、ギンギラ太陽'S 4月公演「流通戦争だよ全員集合!」を見てきます。
5月のシアター1010で上演される某舞台。チケット取れるかなぁ。

☆memo
2011/03/21 14時開演
演劇集団キャラメルボックス 夏への扉

当たりますよーに。

| コメント(0) | トラックバック(0)

俺、当選したら是が非でも定時帰社するんだ。
早帰りの日だから大丈夫だと思うけど。

■中島みゆき TOUR2010 チケット受付確認■

このたびは、中島みゆき TOUR2010 チケット受付を
ご利用いただき、ありがとうございます。
お申し込みの内容を下記のように確認させていただきます。
このメールはお問い合わせの際に必要になりますので、必ず大切に保管してください。

----------------お申し込み内容----------------
[第1希望] 1月12日(水)東京都・東京国際フォーラム ホールA
[第2希望] 1月13日(木)東京都・東京国際フォーラム ホールA
[第3希望] 11月6日(土)北海道・ニトリ文化ホール(旧北海道厚生年金会館)
[席種・枚数] S席・全席指定 2枚
----------------------------------------------


・・・第三希望は気にするなw



次回予告:ちょっくら西工さよならツアーに参加してきたの巻。

最近のお気に入り。

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近、志方あきこさんの曲がマイブーム。
ゲーム『アルトネリコ』や『うみねこのなく頃に』で採用されている音楽家さん。
独特の世界観とRhetoric、魅力的な声に惹かれてます。




でもね、近所のTSUTAYAで扱ってない...( T _ T )
iTunesもあまり品揃えが良くない。

遠くのTSUTAYAまで行くかな。



Nagalog3さんのblogより
マックスコーヒーが韓国に進出してたなんて...。
千葉&茨城名物だった頃が懐かしい。 わざわざ買いに、本八幡まで行ったなぁ。

4月の雪

| コメント(0) | トラックバック(0)

東京では雪が降ったらしい。
4月では41年ぶりのもっとも遅い降雪記録になったとか。

・・・午前中寝てて、全く気づきませんでした。

4月の雪と言えば、この歌を思い出しますね。

これもいいけど、こっちも捨てがたい。

でもって、岡崎さんのアルバムバージョンがあることを初めて知った俺がいる。

切なくなるな(涙)

沿岸バスのサイトがはじまりすぎている件について・・・って、ま、いつものことだが。

「トエトのレトロなメロディバス」運行します。
http://www.engan-bus.co.jp/sm6183148.html

北海道羽幌町内を走る町内循環バス『ほっと号』
沿岸バスが羽幌町より受託して、平日に3便運行している路線で1乗車100円。
この循環バスには自由乗降フリー区間が設定されており、バスが近づいてきたことを知らせるためバスからメロディが流れるのだが、7月1日?8月31日はレトロ調バスで運行するのに合わせて、流れるメロディが「トエト」になると言うではないですか。ちなみにこんな曲です↓(要ニコ動アカウント)

YouTubeより


これは走っている姿を見たいな。

日本を休もう。

| コメント(0) | トラックバック(0)

倉庫番さんの所より


ん、鎌倉物語じゃん。

って、初音ミクバージョンwww
確かに違和感ねぇと言うことで、

元となる原坊バージョン。


ここ最近、鎌倉はご無沙汰です。
iPodにサザンの曲を詰め込んで、江ノ電沿線をぶらぶら散歩したくなりました。



&原坊といえばこれは外せないでしょう。

花咲く旅路。

JR東海のCMソングに採用されいたので、ご存じの方もいるんじゃないかと。

日本を休もう。
シンプルだけど、力強いメッセージが込められているキャッチコピーじゃないかな。
今のJR東海からは想像ができないですけど。

『姫神せんせいしょん』の奥の細道シングル盤という、非常にレアな曲がニコ動に上がっていたのだが...。

映像が路線バスの前面展望。
これでは、まるで各駅停車路線バスの旅@TBSの雰囲気じゃないですかwww


ちなみにB面は

ちょw

秒速5センチメートル

| コメント(0) | トラックバック(0)

新海誠監督作品のアニメ、秒速5センチメートル。

映画館で上映されていたとき、見に行こうと思っていけなかったのでDVDをレンタルして1度見た。
そして月曜日。NHKのBS2で秒速5センチメートルが放送していた。

もう1度見た秒速5センチメートル。1度見ただけじゃ分からなかった奥深い部分がちょっと見えてきた気がする。



個人的には、One more time,One more chanceも好きだが、思い出は遠くの日々の方がお気に入り。

One more time,One more chanceはどうも東急東横線横浜?桜木町のイメージが強い・・。